失敗しない矯正歯科の正しい選び方

矯正歯科を熟知しよう

矯正は1種類だけではない

歯の矯正はなぜ行うのかと疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。 矯正にはさまざまなメリットが存在いたします。メリットといたしましては歯並びを良くすることや顎の正常な成長につなげることができます。これらのメリットについて詳しくご説明いたします。

正常な顎の成長

ここでは矯正の種類についてご説明いたします。ご自身にあった矯正装置を見つけるためにも矯正の種類をまずは理解しましょう。
矯正の種類は3種類、存在いたします。矯正の種類といたしましては「ワイヤー矯正」、「マウスピース矯正」、「裏側矯正」となります。それぞれの矯正について詳しくご説明いたします。

まずワイヤー矯正についてご説明いたします。ワイヤー矯正とは歯の表面に矯正装置を取り付けて矯正を行う方法になります。装置はブラケットと呼ばれる装置となります。次にワイヤー矯正のメリットとデメリットについてご説明いたします。ワイヤー矯正のメリットといたしましては取り外しが不要でありずっと装着しておけるため手間がかからないということです。そしてさまざまな歯科矯正に対応可能となっております。デメリットといたしましては歯の表面に矯正装置が付くため目立ってしまうということになります。また食べ物に関しましても制限がかかってしまいます。

次にマウスピース矯正についてご説明いたします。マウスピース矯正は透明のマウスピースを装着する矯正方法となります。メリットといたしましてはマウスピースが透明なため目立ちにくいということ、食事の制限もなく取り外しも可能ということになります。デメリットといたしましては決められた装着時間に従わないと、思ったような効果を得ることができない点や手入れをご自身でしなければならないという点が挙げられます。

最後に裏側矯正についてご説明いたします。裏側矯正とは歯の裏側に装置を装着する方法になります。装置はワイヤーとなります。メリットといたしましては装置は歯の裏側へ装着するため矯正装置が目立たない点が挙げられます。デメリットといたしましては費用が高いことや慣れるまでに時間がかかってしまうという点が挙げられます。

高額な費用になってしまう

ここでは矯正費用についてご説明いたします。 矯正費用は歯科医院やクリニックによってそれぞれ異なってまいります。また矯正治療の費用は医療保険の適用がありません。そのため治療費用を全額自己負担しなければなりません。よって高額な治療となってしまいます。

条件をクリアした医師

矯正歯科選びにはさまざまなポイントがあります。 ポイントといたしましては認定医以上の資格を持っている医師が在籍している矯正歯科を選ぶようにしましょう。認定医以上の資格を取得するためにはさまざまな条件をクリアしなければなりません。これらの条件などについてご説明いたします。

▲ TOPへ戻る